浦和レッズ アジアチャンピオン喜びの声

浦和レッズ、アジアチャンピオンになっての試合後の監督、選手のコメント (JFAページより

オジェック 監督(浦和レッズ): 「まず、優勝できて本当に嬉しい。両チームとも良いパフォーマンスを発揮し、決勝戦にふさわしい試合だった。この素晴らしい雰囲気を作ってくれたサポーターにも感謝している。非常に厳しい日程だったが、選手は素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。チーム一丸で勝ち取った優勝だと思うし、大会を通してチームが得たものはかけがえのないものだ。まだJリーグがあるので、次の試合に向けて良い準備をしたい。FIFAクラブワールドカップでは、初戦にしっかりと勝利し、ACミランと戦いたい。世界中が注目する中で、ACミランと戦うことは日本サッカーにとっても非常に重要なことだと思う」

この記事をブックマークする。 append.gifadd-16.gifappend.gifclip_16_16_w.gifdel.icio.usブックマークに登録するnews.gifnewsingブックマークに登録する
-選手の喜びの声を読む
タグ:浦和レッズ

アジアチャンピオンズリーグ決勝 セパハン×浦和

AFCチャンピオンズリーグ 決勝(第2戦)

ついに決勝の日がやってきました。Jリーグの悲願アジアチャンピオンに日本のチームが君臨する日。
第1戦を1−1でしのいだ浦和は、今日勝てば文句なく、0−0の引き分けでもいい展開。

相手にしてみれば1点は必ず必要になることから、前がかりになって精神的には優位に立って進められる。
しかもここはレッズのホームスタジアム。6万人の大歓声を受けて無様な試合など出来るはずもない。
相手のミスもあったが、幸先のいい永井の得点からレッズペースで試合がすすむ。後半の途中から連戦の疲労から足が止まりだし満身創痍での闘い。追加点がいい形で入ってそのまま逃げ切った。

おめでとう浦和レッズ
アジアチャンピオン

2007/11/14  浦和
 浦和(日本) 2−0 セパハン(イラン)
22分 永井雄一郎
70分 阿部勇樹

この記事をブックマークする。 append.gifadd-16.gifappend.gifclip_16_16_w.gifdel.icio.usブックマークに登録するnews.gifnewsingブックマークに登録する

-チャンピオンズリーグ決勝レビューの続きを読む

ACL浦和レッズ決戦前夜

悲願のJリーグチームからのアジアチャンピオン誕生まであと1日

明日には、ACLのチャンピオンチームが決まる。
思えば、磐田が遠いアウェーの地でアジアチャンピオンの称号を獲得してから、かなり時間が過ぎてしまった。
クラブ世界選手権への出場が果たせなかったあのときとは異なり、浦和レッズにはアジアチャンピオンとして
クラブワールドカップへ出場して欲しい。

長い道のりだったが、サポーターにささえられここまで来た。
アウェーの地でも赤いフラッグはいつも揺れていた。
最後に笑おう、王者に許された特権だから

Go Fight Reds !!

この記事をブックマークする。 append.gifadd-16.gifappend.gifclip_16_16_w.gifdel.icio.usブックマークに登録するnews.gifnewsingブックマークに登録する
カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー
サッカー日本代表に愛をトップページへ

AFCチャンピオンズリーグ2007 準決勝第2戦 浦和PK勝利

AFCチャンピオンズリーグ2007 準決勝第2戦浦和レッズはホーム・埼玉スタジアム2002に韓国の城南一和を迎えました。第1戦のアウェーでの戦いを2-2の引き分けで凌いだ浦和は、この試合、1-1の引き分けでもアウェーゴールの差で決勝進出が決まる。

前半の21分にポンテからのボールを受けたワシントンが右足で先制に成功し優位に試合を進めたが、後半の56分、69分と城南一和に立て続けに得点を許し逆転された。しかし、失点間もない73分に長谷部が見事なゴールを決め試合はそのまま2-2のまま延長戦でも決着がつかずPK戦へともつれ込みました。
迎えたPK戦、城南一和2人目のシュートをGK都築が防ぐと、浦和は5人全員が成功。120分間の激闘を制した浦和レッズが、見事決勝戦へと駒を進めました。

もう1つの準決勝は、2戦合計3-1でアルワハダ(UAE)を下したセパハン(イラン)が決勝進出。
ACL準決勝得点詳細を読む

中村俊輔セルティック黒星スタート(CLリーグ初戦)

中村俊輔セルティック黒星スタート(CLリーグ初戦)

チャンピオンリーグの初戦、グループDのセルティックは2−0でシャフタル・ドネツク(ウクライナ)に破れ黒星スタートとなった。

開始早々にシャフタルにミスがらみで2点を献上し苦しい立ち上がり。
セリアAで活躍したイタリア代表ルカレッリに2点目を決められた。

以降は、ボールを持たせてはもらえるが崩せない苦しい展開。
俊輔もミドルシュートを1本はなったとこ位が見せ場で後半20分に途中交代。
全くといっていいほどセルティックには攻め手がなかった。

今シーズンもセルティックはアウェーで全く勝ち点を手にすることはできないのか
ミランは別格としても2位争いは3つ巴の様相。 シャフタルも結構やることが分かり16強への道は険しい。

グループDもう1つの試合は2−1でACミランが勝利したが、終了間際にベンフィカにアウェーゴールを許した。

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
探し物なら JRANK BLOGへ

この記事をブックマークする。 append.gifadd-16.gifappend.gifclip_16_16_w.gifdel.icio.usブックマークに登録するnews.gifnewsingブックマークに登録する

カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー
サッカー日本代表に愛をトップページへ
タグ:中村俊輔

TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007

TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007

トヨタカップもとい、トヨタクラブワールドカップの大会実施概要とチケット販売方法が発表されました。
TOYOTA トヨタプレゼンツFIFAクラブワールドカップジャパン2007チケットは9月1日に世界同時発売です。 (JFA発表ページ
世界レベルのサッカーが国内で見れる大会なので楽しみではあるのですがまた大好きなACミランが来るし。
大会の会場は、東京・国立競技場、愛知・豊田スタジアム、神奈川・横浜国際総合競技場
 (日産スタジアムとは流石に呼ばないみたいですね)
開催国代表として、今年よりJリーグチャンピオン(2007)がアジアの代表が海外チームだった場合に出場できることになりました。
-クラブワールドカップの大会実施概要の続きを読む

ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝感想

ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝 

サッカー最高峰ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝も色々な事情があって今更ではあるが見たので感想を。
怪我して入院していたのであーーる。

ACミラン(イタリア)  リバプール(イングランド)
         2 − 1

2年前の雪辱をミランが果たした結果となり、2006−7の欧州チャンピオンにはイタリアのACミランが輝いた。この試合ではリバプールの方がいい試合をしていたと思う、得点シーンはいわばインザーキの偶然のたまものだし、攻撃面ではセードルフを抑えミランはカカのイマジネーション頼みの個人での突破しかチャンスを演出できていなかった。

-ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝の続きを読む

コパアメリカ決勝 アルゼンチン VS ブラジル

サッカーコパアメリカ決勝 アルゼンチン VS ブラジル

サッカーコパアメリカ(南米選手権)2007決勝 アルゼンチンとブラジルの試合を見た感想。

ブラジル   アルゼンチン
    3 − 0

これぞドゥンガの目指すサッカーかと考えさせられる試合となった。華麗ではないが確かに強い負けないサッカーをしたと思う。コパアメリカ決勝までの試合は見ていないが、優勝を目指し本気のアルゼンチン、メキシコ戦などからも圧倒的な強さで勝ち上がり大方の予想はアルゼンチンの絶対的優位。それに対しぬらりくらりと勝ち上がった1.5軍ないし2軍とも言えるビックネームはロビーニョ位のブラジル代表。


-サッカーコパアメリカ決勝 アルゼンチン VS ブラジルの続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。