中国戦の岡田監督と選手のコメント

中国戦の岡田監督と選手のコメント (JFAのページからの引用)

岡田 武史 監督(日本) :  「タフなゲームになると思ったが、選手たちは冷静によく戦ってくれた。しかし、またケガ人が出てしまったことは残念である。それは問題はレフリングだけではないと思うが、何よりも(それに対し)彼らは冷静に、そして粘り強く戦ってくれた。最終戦の韓国に勝って、優勝カップを勝ち取りたい」

楢崎 正剛 選手(日本): 「審判がしっかり裁ければ、そんなに荒れた試合にはならないのだが、それは仕方がないこと。前半はこちらも落ち着かなくて、相手のプレッシャーも速くて速攻に勢いがあったが、ロングボールとサイドからのクロス以外は複雑なことはなかった。後半は守り方の修正をしたので、難しくは感じなかった」

-駒野 友一 選手(日本) 「(試合に臨むにあたり)この観客の勢いが中国の選手の後押しになって、どんどん前に来るということはケアしないといけないと試合前に監督からも指示があった。審判に関しても相手とのファウルの基準が違ったが、冷静に対応できたと思う」

今野 泰幸 選手(日本)
「立ち上がりから攻めてくることは予想してたし、ひとりひとりにマークをつけて取り組もうとした。(反日ムードに関しては)そんなことを考える余裕もなく、久々のスタメンだったので、まずはしっかり試合に入りたいということだけを考えていた」

鈴木 啓太 選手(日本) 「退場はよくないし警告は気をつけなければならないが、やられたらやり返すくらいの気持ちがないといけない。全体的に自分の中ではある程度冷静にできたと思っているし、(相手を小突いた場面について)あのくらいは見せないといけないという部分もあった」

山瀬 功治 選手(日本) 「自分のゴールはおまけみたいなもので、あの場面で(田代)有三がニアで潰れてくれなかったら生まれなかった。このような荒れたゲームになるのはしょうがないので、できるだけシンプルにやるようにしたし、後半は相手が前掛かりになってきたので、カウンターは自分たちの狙いどころでもあった」

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
探し物なら JRANK BLOGへ

カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー

サッカー日本代表に愛をトップページへ
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。