中国戦レビュー(東アジアサッカー選手権2008)

東アジアサッカー選手権の第2戦、中国代表に望む日本代表。初戦に引き分け優勝するには絶対勝たなくてはならない試合。対する中国もいいサッカーをしながら初戦を落としており負けられない一戦。

山瀬、憲剛、安田と思いきって中盤の構成を入れ替え、DFとして今野を、GKは楢崎でスタート、北朝鮮戦から先発をだいぶいじってきた。まあこの大会はテストの意味合いもあるので選手は、ばんばんアピールすべくリスクにも挑戦して欲しい。
まあいい感じで持ち味を皆出せていたと思う。
楢崎の安定感であったり、安田の思いっきりの良さ。山瀬もいい時の状態に戻りつつありドリブルでの突っかけや持ち味のシュートの正確さなど調子は上向きと感じた。

2008/2/21
日本代表 1-0 中国代表

1-0 17分 山瀬 功治(日本)

完全なアウェーの中、よく闘ったと思う。久しぶりに選手の気持ちが伝わり熱くなる試合だった。

2点目を取って楽に試合を運ぶチャンスがあったのにそれができないと全体的には苦しくなる。
中盤に憲剛が入ると、ボールは落ち着くしポジションチェンジなど流動性が増す。停滞する時間が少なくなって、遠藤のタメであったり、啓太の飛び出しなど周りもいいプレーが良く出てくる。憲剛は、このチームでは無くてはならない存在であることを再認識した。

大会運営として、審判を第3者の国から招くことは最低限して欲しい。アジア大会の時も感じたがこの国でオリンピックをするのはどうかと思う。
大会の意義を問う声もあるだろうが、負けなかったことの評価は重要だし、ひとつひとつアジアのレベルアップという意味でも続けることで分かる部分もあるはずだと信じたい。

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
探し物なら JRANK BLOGへ

カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー

サッカー日本代表に愛をトップページへ
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。