3大陸トーナメント スイス戦レビュー

3大陸トーナメント スイス戦レビュー

このところヨーロッパの中堅国としてその存在を確実に世界へアピールしているスイス。先のドイツW杯でもみうけんの注目国として開催前に周りにアナウンスして見事ベスト16へ進出。無失点で大会を後にするという珍記録も立て、みうけんも思い入れのある国のひとつなのだ。まあ注目したきっかけは若手層のユース年代における大会での活躍と、W杯予選でのよく組織化されたボール廻しが印象的だったということだったんだけど。

始まってすぐは、洗練された組織力とコンビーネションによってスイス強し。次から次へと第3の動きを織り交ぜて、人もボールも動いて、日本の中盤におけるディフェンスが全然ついていけてないと感じるやいなや立て続けに失点してしまった。

プレーの実効性という面で全然叶わないかもと思っていたが、徐々に日本もペースを握り始めボールが繋がり、中盤でもボールを奪取する程守備が安定し後半は日本ペースで試合が進む。

打ち合いといった感じの試合ではなかったが、狐につつまれたようなパフォーマンスの違いを前半と後半で見せ逆転で相手の準ホームにて勝利を収めた。結果3大陸トーナメントの優勝という最高の結果を残した。

2007/09/11 オーストリア
   日本代表 VS スイス代表
    4   −   3
(11分 Ludovic MAGNIN)
(13分 Blaise NKUFO *PK)
(53分 中村俊輔 *PK)
(68分 巻誠一郎)
(78分 中村俊輔 *PK)
(81分 Johan DJOUROU)
(90分 矢野貴章)
-先発: GK:川口能活(Cap.)、DF:中澤佑二、加地亮、田中マルクス闘莉王、駒野友一、MF:中村俊輔、稲本潤一、遠藤保仁、松井大輔、鈴木啓太、FW:巻誠一郎

・前半と後半で違うチームかと思えるほどパフォーマンスの違いがあったが(前半の20分あたりからチェンジペースしていると思えたが)何がきっかけだったのかについて考えたい。

・思いつくままに上げて見るが、これだと思えるものがなかったのでこの記事を読んでのあなたの考えを是非聞きたい。コメントを残してもらえれば継続してレビューしてみたい。

−松井の飛び出しからの惜しいシュート(啓太のキラーパスと松井の切り替えし)
→ やれるというチームの前向きな心理に大きく影響した? 
−スイスが試合への入り方として全速力で入って得点後、ペースダウンしたから
−日本がスイスを必要以上に警戒し、萎縮してプレーしていた。
→ 考えながらプレーする中で必然として力量の差がないことを認識した
−汗かきプレーに連動して守備における実効性が増したこと。(中心は啓太)
−前線からの献身的なディフェンス (巻の頑張り)
−稲本のプレーの質の変化 (画面への登場回数と時間が明らかに増えた)
→ 啓太や巻のプレーに合わせてボール奪取ポイントの予測精度の向上と自らのプレーの質(積極的に忠実なマークとフリーランニングを繰り返す)が上がった。

・ 守備における実効性が増してペースをつかんだのは確かであるが、連動性が増えたことの原因や重心がよく分からなかった。 (分からない内に良くなっていた)

・ 攻撃では、松井のアクセントが効くようになったのだが、ポイントは俊輔のプレー位置が安定していないことによって変化が演出できた。 (全然ボールが人と連動しない時間があったが) −インタビューで自分のスペースを探してボールを貰う位置を色々変えて動いていたといった主旨の発言もあった。前線と2列目の間に入っていったりやや下がり目で遠藤を前にだしたり

・松井は意識してか低い位置ではシンプルなプレーを選択し、サイドにも縛られすぎることなくできていた。オーストリア戦よりいいイメージでプレーできていたことが、ここぞの場面での勝負を仕掛けるいいマインド(準備)ができていたのだと思う。

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
探し物なら JRANK BLOGへ

この記事をブックマークする。 append.gifadd-16.gifappend.gifclip_16_16_w.gifdel.icio.usブックマークに登録するnews.gifnewsingブックマークに登録する

カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー
サッカー日本代表に愛をトップページへ
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55549958

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。