チリ戦後の監督選手のコメント

キリンチャレンジカップ、チリ戦後の監督選手のコメント (JFAのページより)

岡田武史 監督(日本):  「チリは素晴らしいチームだった。90分間プレッシャーをかけ続けてくれたことで
、とても良い経験を積むことができた。結果を出したかったが、大久保が1点、2点を取って勝つより、むしろ色々なことが認識できてよかったのではないかと思う。最後の崩しの場面で慌ててしまうことと勝負にこだわるという意味では甘さも残るプレーがあったことが課題。久しぶりの代表戦の指揮は、ベンチの椅子がソファーになっていて、素晴らしいと思った。久しぶりに良い緊張感を味わうことができたし、代表チームが応援されていることを感じた。次につながる試合ができたと思う」

阿部勇樹 選手(日本):「押し込んでいるときに、後ろに人数が余りすぎた時間帯があったという部分は改善しないといけない。何ができて何ができなかったというのではなく、勝てなかったという思いから、90分を終えて納得いかないという思いが浮かんだ。タイ戦へ向けて、チームにとって良いことは続けていかないといけないし、問題があれば試合中でも話し合わないといけない。もう1試合あるので、とにかく前進していきたい」

-鈴木、高原、大久保、内田選手のコメント(続き)を読む
タグ:チリ戦

キリンチャレンジカップ、チリ戦レビュー

第2次岡田ジャパンの初戦としての望んだチリ戦であったが、目指す方向性みたいなものを見出すことはできなかった。

オシムからの継続という意味はあるが、監督としては、ビジョンや目指すサッカーのイメージについては語っているであろうがチームとしてリスクを犯してでも体現化するというレベルには至っていないように思えた。

つまり、先発したメンバーはミスをしないという前提でプレーをチョイスしているような感覚があり、対応が窮屈でポジションチェンジやダイレクトパスなど局面を打開するための選択の幅が狭いと感じた。


2008/1/26 国立
   日本代表 × チリ代表
       0  −  0

チーム作りを始めて間もないということもあり連携の質という意味でまだまだだったと思う。
フィジカルもよくない選手が多かったのではないでしょうか

内田が元気に代表初先発を果たし、右のオプションが増えたことはうれしい。
高原の調子が悪いのか、巻とのコンビが良くないのか先発FWとしては全くいいところがなかった。
大久保はその中で、決定力という面でのマイナスはあるが存在感をアピールしたと思うし、憲剛からの裏を狙うパスに反応していたことからも相性はいいのかもしれない。

ワンボランチが機能しなかったのか、啓太のパフォーマンスが悪かったのか次戦ではそのあたりに注目してみてみたい。

全体的には、新チームとして先が見えないことと、その中でも予選を戦っていかないといけないという部分で負けないチーム作りを優先させるのか、理想を追って有機的に連鎖して人もボールもよく動く日本版現代サッカーを目指すことを続けるのかという部分で現実を見せられた気がする。

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
探し物なら JRANK BLOGへ
タグ:岡田武史

キリンチャレンジカップ2008 日本代表メンバー

1月26日(vs チリ代表)と30日(vs ボスニア・ヘルツェゴビナ代表)に行われるキリンチャレンジカップ2008 〜 ALL FOR 2010!〜の日本代表メンバーが決定しました。

2008年最初の試合きっちり結果を出して、タイ戦に弾みをつけてもらいたいです。
岡田ジャパンとしても初采配注目です。

監 督:岡田武史
コーチ:大熊清、小倉勉、大木武
GKコーチ:加藤好男
フィジカルコーチ:矢野由治

GK 川口能活(ジュビロ磐田)
GK 楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)
GK 川島永嗣(川崎フロンターレ)

DF 中澤佑二(横浜F・マリノス)
DF 坪井慶介(浦和レッズ)
DF 加地亮(ガンバ大阪)
DF 駒野友一(サンフレッチェ広島)
DF 岩政大樹(鹿島アントラーズ)
DF 水本裕貴(ガンバ大阪)
DF 内田篤人(鹿島アントラーズ)

MF 橋本英郎(ガンバ大阪)
MF 羽生直剛(FC東京)
MF 遠藤保仁(ガンバ大阪)
MF 中村憲剛(川崎フロンターレ)
MF 鈴木啓太(浦和レッズ)
MF 阿部勇樹(浦和レッズ)
MF 山瀬功治(横浜F・マリノス)
MF 今野泰幸(FC東京)
MF 山岸智(川崎フロンターレ)

FW 播戸竜二(ガンバ大阪)
FW 巻誠一郎(ジェフユナイテッド千葉)
FW 前田遼一(ジュビロ磐田)
FW 大久保嘉人(ヴィッセル神戸)
FW 矢野貴章(アルビレックス新潟)
FW 高原直泰(浦和レッズ)

中沢、高原、加地の背番号が消える

アディダスから代表の新ユニフォームのお披露目があったが、2010年南アフリカW杯アジア予選におけるユニホームの背番号を1から18の通し番号とすることをFIFAから通達されたことが分かった。

これで、予選中に番号は固定されることはなくなり、一部の選手は入れ替わることが判明した。
また、中澤など18より大きい番号で慣れ親しんでいる選手は、見慣れない番号を背負うことになる。

中澤の「22」もそうだが、加地の「21」や高原の「19」など、それらの背番号のユニホームを買って応援するファンに対しても残念なお知らせですね

◆新ユニホームにV呼ぶ金ストライプ  新ユニホームの一番の特徴は、金色のストライプだ。関係者によると、日本代表ユニホーム史上初めて配色された金色には「勝利」の意味が込められているという。  選手の能力を最大限に発揮させるため、世界最先端、かつ日本独自の技術を投入。発表会にビデオ出演したMF中村俊輔(29)=セルティック=は「とても薄くて軽い。暑い国や湿気の多いアジアではストレスを感じずにプレーに集中できる」とコメント。同時に「軽いはずのそのジャージーは、とてつもなく重い」と気合十分のメッセージも発した。  また、なでしこジャパン(日本女子代表)、フットサル日本代表の専用ユニホームも今回、初めて作られた。 (スポーツ報知より)

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
探し物なら JRANK BLOGへ

カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー
サッカー日本代表に愛をトップページへ

中田英寿、前園真聖スカパーで再会

スカパーで1月30日にスペシャル番組でヒデとゾノが再会し、対談した様子が放送される。
前園さんは、27日の城彰二の引退試合に出場予定。あのブラジルを破ったアトランタもそうだが、印象に残る試合といえばオリンピック行きを決めたサウジアラビア戦が真っ先にうかぶ。

今回スカパー!にて無料放送される『nakata.netTV 2008 〜再会〜』では、中田が古くから親交のあるスポーツライター、金子達仁をナビゲーターに、かつてアトランタ五輪でチームメイトだった前園真聖をゲストに迎え、2006年のワールドカップ以降、語られなかった空白の18か月について中田の口から明かされる。1月30日(水)21時から22時半まで、スカパー!Ch.182のパーフェクトチョイス、e2 by スカパー!Ch.802のスカチャン!にて放送される。

また、1月27日(日)に神奈川・三ツ沢公園球技場にて行われる城彰二の引退試合に前園真聖も出場する。チケット発売中。
城彰二引退試合チケット : 1/27 城彰二 引退試合 (三ツ沢)
スカパーなら16日間無料で見られます! e2 by スカパー!おまかせプラン

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
探し物なら JRANK BLOGへ

カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー
サッカー日本代表に愛をトップページへ

U23米国遠征

サッカーフル代表岡田ジャパンは、鹿児島指宿市で合宿をスタートし
南アフリカW杯のアジア予選に向けて選手選考を開始している。

反町ジャパンのオリンピック日本代表チームは、2月13日から24日の予定で米国に遠征することが明らかになった。
ロサンゼルス近郊でU23グアテマラ代表と2試合を行うことが内定。U23メキシコ代表と米国かメキシコで対戦するよう交渉している。 
北京五輪代表は米国遠征でオリンピックイヤーをスタートさせる。

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
探し物なら JRANK BLOGへ
この記事をブックマークする。 append.gifadd-16.gifappend.gifclip_16_16_w.gifdel.icio.usブックマークに登録するnews.gifnewsingブックマークに登録する
カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー
サッカー日本代表に愛をトップページへ

高校サッカー選手権決勝

第86回全国高校サッカー選手権大会 決勝

2008年1月14日(月・祝) @東京・国立競技場 

藤枝東 0-4(前半0-1) 流通経済大学付属柏
[得点]
0-1  6分 村瀬 勇太(流通経済大学付属柏)
0-2 48分 大前 元紀(流通経済大学付属柏)
0-3 62分 大前 元紀(流通経済大学付属柏)
0-4 71分 田口 泰士(流通経済大学付属柏)

テレビで決勝だけ見ました。
流通経済大付属柏、強かったですね。決勝なのにゲームの支配という意味では最近では珍しく一方的でしたね。中盤の構成力と早いチェック、基本に忠実な地道な戦略が見事でした。
全日本ユースに続いて2冠達成。 インターハイは4強止まりで優勝は市船でしたので千葉勢強しです。
フォワードの大前元紀の決定力、判断の早さ。上條宏晃のポストプレーと先を読む正確さ。
河井陽介に仕事をさせなかった守備など流経大柏のいいところばかりが目立った試合でした。
大前元紀はJでもどこまで通用するかとても楽しみです。

カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー
サッカー日本代表に愛をトップページへ大会優秀選手一覧を見る

サッカー移籍やコーチ就任など

ジェフユナイテッド千葉から選手の流出が止まらない。前から狩り場になっていたが山岸智の川崎フロンターレ入り、羽生直剛のFC東京入りが相次いで発表された。
水野晃樹は、セルティックに移籍がほぼ確定。
水本裕貴もガンバ大阪入りの交渉中。
巻誠一郎も残留が微妙など、来期の構想や布陣も想像できないですね。

オリンピック組では、伊野波雅彦がFC東京から鹿島アントラーズへ移籍し、福元洋平が大分からガンバ大阪へ移籍する。
入団では、本田拓也が法大から清水エスパルス入り。
また清水エスパルスには、高校選手権での優勝した流経大柏高の得点王、大前元紀の入団も発表された。

那須大亮が、横浜マリノスから東京V(ベルディ)へ新天地を求めて完全移籍する。

トップチームのコーチとして、今年引退した秋田豊が京都で指導者として再スタートを切り、ミスターレッズこと福田正博さんが、浦和で新しいキャリアをスタートさせる。

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
探し物なら JRANK BLOGへ
この記事をブックマークする。 append.gifadd-16.gifappend.gifclip_16_16_w.gifdel.icio.usブックマークに登録するnews.gifnewsingブックマークに登録する
カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー
サッカー日本代表に愛をトップページへ

城彰二引退試合チケット

城彰二の引退試合が行われる。
引退したのは、2006年なんだけど、2008年のこの時期に行われる。
まあ、アトランタ、ジョホールバル、フランスW杯と日本サッカーが進歩してきた印象深い時代に活躍した選手だけあって豪華なおじさん達が見られる。
横浜FCで最後プレーした、山口や奥なども今期で引退を表明した。
自分も年を取る訳だなと変な感慨にふけってしまいそうだ

チケット(ぴあ) : 城彰二 引退試合

(チケットぴあのニュースから)
2006年12月、横浜FCで現役生活にピリオドを打った城彰二の引退試合が、三ツ沢公園球技場にて開催される。城のクラブキャリアはジェフ市原(現在は千葉)でのデビューに始まり、スペインのバジャドリードや横浜FMなどを渡り歩き、'03年から横浜FCに所属。 '06年にはクラブを史上初のJ1昇格に導き、それを置き土産に現役引退を発表した。また、'95年にはJ1通算1500ゴール目を、フランスW杯出場権をかけた'97年のアジア第3代表決定戦、いわゆる“ジョホールバルの歓喜”でもゴールを決めるなど、ここぞという場面での勝負強さを持ったストライカーとしても知られる。今回の引退試合は、'03年〜'06年に横浜FCに在籍した選手を中心とした「03-06横浜FCオールスターズ」と、'96年のアトランタ五輪と'98 年フランスW杯出場選手で構成される「JO DREAMS」が対戦。一時代を彩ったカズや井原、前園らが再び同じピッチに立つとあって、豪華な引退試合となることは間違いない。

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
探し物なら JRANK BLOGへ
この記事をブックマークする。 append.gifadd-16.gifappend.gifclip_16_16_w.gifdel.icio.usブックマークに登録するnews.gifnewsingブックマークに登録する
関連記事 : 城彰二引退試合出場選手

カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー
サッカー日本代表に愛をトップページへ
タグ:城彰二

サッカー柳沢移籍/奥引退とか

2008年移籍関連でちょっと管理人の気になった選手の動向などをまとめて

高原直泰選手が、浦和レッズでプレーすると移籍会見が行われた。ドルトムントの監督との不仲説や出場機会を求めてのことであろう。ワールドカップ予選を考えると国内でプレーするのはいいかもしれないが、海外でプレーするFWが少なくなるのは寂しい。

海外では、浦和の中盤で活躍中の長谷部誠がドイツ1部のウォルフスブルクへの移籍が決まった。
また、千葉の水野晃樹がセルティックに移籍することが確実のようだ。

国内での移籍としては、今期J2へ降格したサンフレッチェ広島の駒野友一がジュビロ磐田への移籍交渉が報じられている。新潟に行く噂もあった、鹿島アントラーズの柳沢敦も新天地として京都パープルサンガを選んだ。

磐田、横浜などで活躍した奥大介が引退を表明した。岡田さんの下で久保と奥が元気だった頃のマリノスは楽しかった。。。

海外ではアネルカのチェルシー入りが気になるね。

日本代表画像なら にほんブログ村へ
ゴール動画なら 人気blogランキングへ
試合レビューなら FC2 Blog Rankingへ
移籍情報なら JRANK BLOGへ
この記事をブックマークする。 append.gifadd-16.gifappend.gifclip_16_16_w.gifdel.icio.usブックマークに登録するnews.gifnewsingブックマークに登録する
カテゴリージャンプ
フル代表試合レビュー
オリンピック試合レビュー
ユース世代試合レビュー
サッカー日本代表に愛をトップページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。